ブログっ...!

最近はミソフォニアのことばかり書いています。もうミソフォニアブログです。

虎馬

今日も、学校で作業しようと思って電車乗ったんだけど、途中で引き返して戻ってきてしまった。

行きたくない。。

今年に入ってから我慢できなくなって泣いてしまったときに、先生に症状のこと告白したんだけど、先生も私の症状知ってるのにそんなに気をつけてくれない。(たぶん、「どんな音がきになるか」を具体的に私が言わなかったからかも知れない)

前方の同期はタイピング音がときどき音楽を突き抜けて来る。 窓に反射して髪の毛いじっているの見える。タイピングしてる指の動きも見える。それが見えないように垂れ幕貼ったのだけどそれでもほんの一部が反射して視界に写ってきて、耐えられない。うんとPCに向かって前かがみになれば解決するけど、肩も首もすっかり痛い。そういうときは片目を手で覆って見えないようにする。うーん、アドホック

自分が音楽を聴きながら作業してたときに、垂れ幕の向こうから覗き込まれたときは「ムキー!」って音が出るかと思うくらいとても気が荒立って、その日一日心臓が痛かった。

イヤホンつけてると研究室入ってきた人の挨拶の声を失意ながら無視してしまうことがあって、罪悪感。

愚痴を言ってもしかたないけど、誰が悪いかと聞かれれば、「この病気のせいだ」と答えたい。でも、臆病さ故に周りに変化や協力を求めれずに、ひたすら周囲にイライラして苦しんで、を閉じて繰り返している私自身も悪いのかもしれない。私がもっと違う性格で、周りに働きかけることが容易にできたなら、少しは違うのかもしれない。対人関係がそこまで得意でないのも災いだ。

先週の学会がよっぽど堪えた。学会の食事時、逃げられない空間で、イヤホンもつけられない空間で、ずっと音に耐えることがあんなに辛いことだとは思わなかった。

バイトはプログラミング業務なのでイヤホンつけられるし、電車や研究室にいるときは必ず爆音で音楽聞いてるし、なんとか誤魔化して過ごしていたけど。のこのこ見栄はって外に出るんじゃなかった。誤魔化されていたほうがよかった。

この先どうなるのか、、しかたない。

就職先には、人事と上司には早いとこ告白しておこう。あと一年。。。

とりあえずは、まあ、もっと大事な仕事があるので、それを今捗らせるに越したことはない。。